注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「<7974>任天堂、<2432>ディー・エヌ・エー、<4755>楽天」

<7974>任天堂 27,955円 前日比+3,260円(+13.20%)

連日の活況高。全市場の売買代金上位に進出している。米アップルの新製品発表で新作アクションゲーム「スーパーマリオラン」をiOS向けに配信すると発表しており、収益貢献期待が高まったようだ。ナイアンテックとの「ポケモンGO」でコンテンツ評価が優位性のつながった経緯があるだけに、連想が広がっている。

<2432>ディー・エヌ・エー 3,600円 前日比+345円(+10.60%)

大幅高。任天堂<7974>との協業タイトル「スーパーマリオラン」に関してリリースを発表しており、収益貢献期待が高まっているようだ。任天堂<7974>関連として、サノヤスホールディングス<7022>、アップバンク<6177>、京都銀行<8369>なども賑わっている。

<4755>楽天 1,373.5円 前日比-55.5円(-3.88%)

反落。前営業日には日本経済新聞社が同社株を日経平均銘柄に新規採用するとの発表から、来月の組み入れによるインデックス・ファンドの買い需要を先回りした買いで人気化していたものの、SMBC日興証券が投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げたことが利益確定売りを誘っている。

-注目銘柄シューティング