日経平均ETFブル・ベア戦略

日経平均ETFブル・ベア戦略「米国金融政策確認後の市場反応に注目」

日経平均株価終値は、315.47円高の16,807.62円。

市況結果はこちら

後場に伝わった日銀金融政策の長短金利操作付き量的・質的金融緩和の導入を好感した買いで大幅反発となった日経平均株価。上値を押さえていた5日移動平均線(16567.66円)に加えて、25日移動平均線(16715.46円)をも上回るなど、チャート改善が確認されています。

政策発表前には下値を探ったものの、75日移動平均線(16356.83円)は割り込まず。ベア戦略で「75日線下方ブレイク狙い」を挙げていましたが、エントリーなく金融政策を切っ掛けに切り返してきました。

まだ、今晩の米国時間帯で米国金融政策となるFOMC政策声明を控えており、ブル戦略の転換は早計ですが、本日奪回を果たした25日移動平均線、5日移動平均線を保てば上値志向も高まっていくのではないでしょうか。

ひとまずは「米国金融政策確認後の市場反応に注目」してみてください。ブル戦略でのエントリーも押し目狙いが基本線となるでしょう。

●戦略方針「米国金融政策確認後の市場反応に注目」
参考ETFなし。

-日経平均ETFブル・ベア戦略