明日の株新聞

米雇用統計、週末三連休のイベント意識高まる 活躍銘柄を導き出せ!

米国株反発に円安推移を受けて連日の買い優勢の展開となった本日の株式相場ですが、買い一巡後はさすがにイベント警戒の買い手控えが意識される流れに。短期資金は値動きの軽い銘柄に向かっています。

日経平均株価は4日続伸を記録。日中高値は16971円と大台17000円に迫る場面も見られました。ただ、後場では伸び悩みを見せ、ローソク足も上ヒゲ陰線となっています。

さて、前営業日配信版では「指数は上値追いもそろそろイベント意識か 中小型株の資金シフト継続」と題していました。

前営業日の日経平均株価も25日移動平均線(16747.23円)奪回から買い気を強め、パラボリック買い転換とともに上値を切り上げていましたが、当欄では「こからの上値追いには買い手控えで慎重となるかもしれません」とも記していたと思います。

本日では、買い一巡後に伸び悩む動きとなりましたが、やはり明日発表の米雇用統計、そして週末三連休のイベントも意識された格好でしょう。

もちろん今晩の外部要因も進展すれば、再び買い気が強まる可能性もありますが、米雇用統計の結果次第では基調変化も見込まれるだけに、基本線では手仕舞いを誘うところか。水準としては、日経平均株価の下方に控える5日、25日移動平均線近辺を下値支持とする見方も強まりそう。

さて、物色傾向では、円安推移を追い風に受けた外需関連物色が確認されていますが、株価指数伸び悩みとともに上値も重くなる格好。一方で外部要因の変化を受けにくい材料株や小型株などには資金流入が続いています。

本日では、9月27日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「【バブル相場】で狙える株!」の提供銘柄・薬王堂<3385>と新川<6274>が目標株価達成を果たしました。

ともに当局の資産購入対象となる非日経平均株価構成銘柄の東証1部所属銘柄ですし、金融政策確認後から上値も軽くなり、資金流入が確認できるのではないでしょうか。

また、7月20日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「【決算急騰株】を先回り買い!」の注目銘柄・エイチ・ツー・オーリテイリング<8242>も目標株価を達成。決算評価を先回りする形で水準を切り上げており、集計タイミングとなった企業業績に対する意識の高まりも感じさせます。

全体観はイベント絡みで見極めにくい状況ですが、個別視点で見れば活躍銘柄も導きだせるだけに、専門的に銘柄分析を行なっているアナリストの銘柄アプローチを参考にしてみてください。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-明日の株新聞