注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「セブン&アイ<3382>、日本郵船<9101>、シンクロ・フード<3963>」

セブン&アイ<3382> 4,581円 前日比-246円(-5.10%)

急落。関西圏の百貨店3店舗をエイチ・ツー・オーリテイリング<8242>に譲渡すると発表したものの、総合スーパー事業の店舗閉鎖は伝わらず、見切り売りに押されているようだ。ゴールドマン・サックス証券も投資判断を「買い」から「中立」へ引き下げている。

日本郵船<9101> 206円 前日比+9円(+4.57%)

続伸。ばら積み船の国際運賃指標であるバルチック海運指数が大幅続伸、上昇率も4月以来の大きさとなるなど、市況改善期待が物色につながっている。同業の商船三井<9104>、川崎汽船<9107>も上昇、海運業が業種別株価指数騰落の値上がり上位となった。

シンクロ・フード<3963> 3,720円 前日比+240円(+6.90%)

上伸。全市場の売買代金上位に進出しており、値動きの軽さに着目した短期資金流入が確認されている。直近IPOの一角で上場来高値を更新、新値追いに着目する向きもようだ。前営業日まで賑わっていたブランジスタ<6176>は軟調、資金シフトも確認された。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング