来週の相場展望

米国市場に続いて東京市場も決算シーズンへ! 打診買いで相場の流れに乗れ!

今週の株式相場は、概ね堅調に推移していた先週の流れから、月曜日の「体育の日」の祝日休場を挟んで火曜日も買い優勢の展開。水曜日も売り直される展開、木曜日には見直し買いが先行するも軟化。金曜日は売り買いが交錯しており、週央から軟化してきています。

日経平均株価は、先週末の16800円台から、火曜日に大台17000円を奪回。ただ、水曜日には16800円台に売り直されると、木曜日は16800円割れ。金曜日も16800円を挟んでの値動きとなりました。

先週には、ドイツ銀行問題沈静化や円安推移による外部要因改善とともに見直し買いを集めていたと思います。

週末三連休となりましたが、先週末に注目された米雇用統計は市場予想下振れで早期利上げ観測につながらず。それでも年内の利上げ観測は改めて意識されることとなり、ドルは底堅い推移に。原油相場の上昇や米大統領選の討論会も「トランプリスク後退」と受け止められ、外部要因進展で折り返しました。

火曜日の日経平均株価は反発。およそ1ヶ月ぶりに大台17,000円奪回を果たし、後場では若干伸び悩んだものの、終値でも大台をキープする動きに。

ただ、企業決算の始まった米国市場が急落、ドルも再び弱含み、水曜日には一転して大きく売り直される展開。日経平均株価は火曜日上昇分をほぼ帳消しにしました。

木曜日には外部要因の落ち着きとともに見直しが先行したものの、軟調な中国貿易収支を受けて軟化。日経平均株価も5日移動平均線攻防を下抜けると前営業日安値割れの続落着地に。

外部要因軟化を受けて金曜日も売り先行の立ち上がり。ただ、連日の調整や日経平均株価の25日移動平均線の下値支持もあり、朝安から持ち直す動き。小幅高レベルでもみあいました。

さて、先週配信版では「週末三連休明けはどうなる? 値上がり上位を確認しながら活躍銘柄を先取りせよ!」と題していたと思います。

週末三連休明けの火曜日は買い進まれたものの、水曜日以降は中核銘柄が軟化。代わって材料性やマグネシウム電池関連、ビットコイン関連、コンテンツ関連などテーマ性に着目した物色が個別銘柄に向かいました。

木曜日には、火曜日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「相場に隠れた急騰株ゲットだぜ!メイガラGO!」の提供銘柄・ジー・スリーホールディングス<3647>が目標株価を達成。早くも返金条件クリアを果たしています。

後場発表の決算開示が刺激材料となっており、個別材料で地合い軟化の影響をこなす形に。30%以上の上昇率を記録するなど、全市場の値上がり上位に進出する活躍銘柄となりました。

さて、決算シーズン入りした米国市場は主力企業の決算内容で一喜一憂する展開になり、アルコアの決算売りで水曜日の調整につながるなど、今週の東京市場にも影響を及ぼしました。来週から決算シーズンを控えている東京市場も同様の傾向となりそう。

決算発表を控えている銘柄も多いなか、打診買いで相場の流れに付いていきたいところ。少額で取り組める銘柄の取引メリットの高い局面といえるでしょう。

今週火曜日には、先週火曜日引け後に配信した「大化け銘柄ウォッチリスト」のトップピック銘柄・ハビックス<3895>、システム情報<3677>、TDCソフトウェア<4687>、東京特殊電線<5807>が配信翌営業日始値合計評価から終値で5.93%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか4営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件クリアを果たしました。

とくに牽引役となったのは、新値追いを強めてきたTDCソフトウェア<4687>、システム情報<3677>の活躍でしょう。具体的な銘柄選別のポイントは、現在販売中の「大化け銘柄ウォッチリスト」で提供します。ぜひ、参考にしてみてください。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望