注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東電<9501>、ブランジスタ<6176>、ジャパンディスプレイ<6740>」

東電<9501> 385円 前日比-33円(-7.89%)

急落。新潟県知事選で柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な姿勢を示す米山隆一氏が当選したことが嫌気されている。原発安定稼働への懸念が強まっており、見切り売りに押された。電気ガスが業種別株価指数騰落の値下がり上位となっている。

ブランジスタ<6176> 3,095円 前日比+423円(+15.83%)

急反発。とくに新規材料性は伝わっていないものの、コンテンツ関連の一角として短期資金流入が確認されている。株価指数は上昇も買いが続かず、ボリュームも低迷しており、物色も短期志向が強まっているようだ。

ジャパンディスプレイ<6740> 196円 前日比+15円(+8.29%)

上伸。SMBC日興証券が投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を210円から300円に引き上げたことが見直しにつながっているようだ。増額のDOWAホールディングス<5714>、安川情報システム<2354>、決算銘柄のドトール<3087>、TSIホールディングス<3608>なども買われた。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング