明日の株新聞

指数上値追いも個別物色は引き続き旺盛 決算先回り買いを軸に仕掛けろ!

堅調な外部要因のもと買い優勢の展開となった本日の株式相場ですが、株価指数は直近高値を上抜き上値追い。中核銘柄が底堅く推移した一方、本日上場の大型IPO、決算銘柄など個別物色も確認されています。

日経平均株価は続伸。節目17300円台に乗せてきました。ローソク足は連日の陽線、取引終盤まで買い気が続いています。

さて、前営業日配信版では「いよいよ決算シーズン本格化 決算先回り戦略で急騰株を仕留めろ!」と題していました。

前営業日は先週末後場の地震発生による調整から見直される格好。やや方向感を買いていたものの、外部要因進展とともに本日では買い優勢の展開となっています。

それでも水準を固めつつの動きでもあり、決算シーズン本格化で個別物色も確認される格好。月末から月初にかけては金融政策イベントも控えており、まだ先行きは見極め難いところではないでしょうか。

そこで、当欄では事前の好決算期待から開示後の反応を見据えた「決算発表を先回りするスタンス」を紹介。今後の開示日程を見据えて仕込んできたいところ。

具体的には日本電産<6594>など、開示銘柄を中心に株価変動が確認されていますが、調査機関の投資判断や集計業績の増額、好業績観測など、決算発表から逆算して集計業績に関する材料性も表面化していきます。

決算先回り戦略方針や銘柄選別のポイントは、本日販売を締め切った『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポートにまとめていますが、過去の業績傾向や決算発表後の反応を確認しながら、今回も決算期待で発表まで株価上昇が予想される銘柄や発表後の反応が期待される銘柄などをピックアップしていきましょう。

また、先月9月27日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「【バブル相場】で狙える株!」の注目銘柄では、デザインワンジャパン<6048>が目標株価を達成。直近高値更新とともに買いが買いを呼ぶ展開となっています。

本日上場のJR九州<9142>に見られる大商いなど、個人投資家を中心とした物色意欲は旺盛。個別視点で臨むならば、明日配信の「スポット銘柄」もぜひ注目してみてください。

-明日の株新聞