注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「JT<2914>、太平洋セメント<5233>、FVC<8462>」

JT<2914> 3,965円 前日比+119円(+3.09%)

急反発。受動喫煙防止対策として自民議連が「たばこ1箱1,000円」のタバコ増税を挙げており、同社株には電子たばこや蒸気たばこ普及期待の高まりが追い風となったようだ。関連ではトランザクション<7818>が急伸。一方、大商いを演じていた前営業日上場のJR九州<9142>は小動きに終始している。

太平洋セメント<5233> 309円 前日比+27円(+9.57%)

急伸。前営業日引け後発表の第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を好感した買いを集めている。決算銘柄のSMK<6798>、あすか製薬<4514>、鉄建<1815>、好業績観測報道のNTTドコモ<9437>、格上げのHOYA<7741>なども賑わっている。

FVC<8462> 1,734円 前日比+300円(+20.92%)

急反発。一部報道でロボット開発・自動運転関連企業のZMPの上場観測が伝わり、関連銘柄の同社株やアートスパークホールディングス<3663>、テクノスジャパン<3666>、アイサンテクノロジー<4667>なども人気化した。一方、短期資金流入の見られていたメタップス<6172>は売られている。

-注目銘柄シューティング