注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「マツダ<7261>、ユニ・チャーム<8113>、ブランジスタ<6176>」

マツダ<7261> 1,570.0円 前日比-84.0円(-5.08%)

大幅続落。前営業日引け後発表の第2四半期決算が大幅減益となり、通期業績予想の下方修正を嫌気した投げ売りに押されている。決算銘柄ではダイセル<4202>、カシオ計算機<6952>、ミツミ電機<6767>、オリンパス<7733>、富士急<9010>が減額で大幅安、ミネベア<6479>も決算売りに押されている。

ユニ・チャーム<8113> 2,360.5円 前日比-174.5円(-6.88%)

大幅安。前引け後発表の第3四半期決算を嫌気した投げ売りに押されている。決算銘柄では場中開示の三菱商事<8058>、森永乳業<2264>、丸紅<8002>などが売られた半面、決算評価の古河電工<5801>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、セガサミー<6460>などが買われている。

ブランジスタ<6176> 2,780円 前日比+201円(+7.79%)

急反発。全体調整のなか、外部要因に左右されにくい新興軽量級の一角として短期資金流入が確認されている。また、インバース型ETFの日経ダブルインバース<1357>もヘッジ目的の買いを集めて賑わっている。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-注目銘柄シューティング