注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「日経ダブルインバース<1357>、トヨタ<7203>、石川製作所<6208>」

日経ダブルインバース<1357> 2,820円 前日比+267円(+10.46%)

大幅高。米大統領選のトランプ氏の当選確率上昇とともに株価指数も大幅調整を余儀なくされており、インバース型の同銘柄や日経平均ベア2倍<1360>などにヘッジ目的の買いが入っている。レバレッジETFの日経レバレッジETF<1570>、日経平均ブル2倍<1579>が売られた半面、VIX指数連動の国際ETFVIX<1552>は買われた。

トヨタ<7203> 5,510円 前日比-384円(-6.52%)

大幅反落。前営業日引け後に決算、通期業績予想の上方修正や自社株買いを発表したものの、相場調整や円高推移とともに大きく売り直された。ほぼ全面安商状となっており、中核銘柄や日経平均株価構成銘柄は軒並み安。自国企業優先を掲げるトランプ氏の大統領選当確推移とともに後場からの下げも目立っている。

石川製作所<6208> 694円 前日比+87円(+14.33%)

急騰。同盟国への防衛負担増加を求めるトランプ氏の米大統領選優勢が伝わった前場後半から防衛関連の一角として強含み、票数を伸ばすとともに後場ではストップ高を形成する場面もあった。防衛関連の豊和工業<6203>なども上昇、トランプ氏が銃規制に柔軟な見方も追い風となったようだ。

-注目銘柄シューティング