日経平均ETFブル・ベア戦略

日経平均ETFブル・ベア戦略「トランプショック後の水準見極めを」

日経平均株価終値は、919.84円安の16,251.54円。

市況結果はこちら

米大統領選でのクリントン氏優位との見方で買いが先行したものの、トランプ氏優位の流れが強まるとともに大きく売り直され、大暴落を余儀なくされた日経平均株価。下げ幅は1,000円を超える場面もあり、大台17,000円や75日移動平均線(16783.45円)を割り込み、8月以来の安値水準まで切り下げてきています。

当欄でもEU離脱を問う英国民投票時と同様に開票情勢で振らされる可能性を想定。外部要因の変化に一喜一憂せず、正確な投票結果を見極めるスタンスで「米大統領選結果、市場反応を注視」と題していました。

市場反応は神経質なものとなりましたが、引け後の先物夜間取引ではトランプ氏の勝利宣言とともに見直される格好。引き続き明日の市場反応を見極める流れとなるでしょう。

とくに時間外先物で下落した米国市場、そして円高推移の為替相場を確認しながら、寄り付き水準から相場方向性を確認しましょう。

●戦略方針「トランプショック後の水準見極めを」
参考ETFなし。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-日経平均ETFブル・ベア戦略