明日の株新聞

明日の株新聞「買えば騰がる強気相場! 低単価銘柄の回転売買で利益確定を繰り返せ!」

1ドル111円の円安推移を好感した買いが主導した本日の株式相場ですが、株価指数も大台突破とともに堅調展開。外需関連を中心に買い優勢で推移するなか、再びメガバンクも押し目買いを集めています。

日経平均株価は4日続伸。終値で大台18000円を奪回してきました。ローソク足も陽線転換と場中も買い気が継続、もう一方の株価指数でもあるTOPIXは8連騰を記録しています。

さて、前営業日配信版では「ドル円、日経平均が大台奪回の攻め時! 低単価銘柄の回転売買で儲けろ!」と題していました。

前営業日の伸び悩みも過熱感解消につながり、本日ではさらなる円安推移とともに買い気を強める形に。

物色傾向でも外需関連のほか、前営業日に伸び悩んだ金融関連も再度賑わう格好。ほぼ全面高商状となっています。

当欄でも好地合いのもと回転売買で利益を積み増していくスタンスを紹介。17日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていたレック<7874>が前営業日のエントリーから本日目標株価達成を果たしました。

また、8日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「超好業績株でハイリターンを狙え!」の注目銘柄・ソフトブレーン<4779>も目標株価を達成。夢の街創造委員会<2484>、ヨネックス<7906>に続いて、株価水準を切り上げてきています。

同社株は100株単位株価3ケタの低位妙味も短期資金を呼び込んでおり、今は資金効率の高い低売買単価銘柄をもとに利益確定を繰り返していけば、ハイリターンが期待できる局面との見方に変更はありません。

-明日の株新聞