注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「国際石油開発帝石<1605>、バンダイナムコ<7832>、カルソニックカンセイ<7248>」

国際石油開発帝石<1605> 1,098.0円 前日比+18.5円(+1.71%)

続伸。ニューヨーク原油先物相場が3週間ぶりの高値まで上昇しており、同社株や石油資源開発<1662>なども高く、市況関連物色を集めている。業種別株価指数騰落では鉱業、石油石炭など市況関連が値上がり上位に、三菱商事<8058>、三井物産<8031>ら総合商社も堅調に推移した。

バンダイナムコ<7832> 3,270円 前日比+85円(+2.67%)

続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「オーバーウェイト」を継続、目標株価を3,600円から4,000円に引き上げたことが買い材料視された。上場来高値を更新しており、新値追いに着目した買いも働いている。前営業日に物色された任天堂<7974>も底堅く推移した。

カルソニックカンセイ<7248> 1,450円 前日比+128円(+9.68%)

大幅高。親会社の日産自動車<7201>が同社株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却することで合意したと報じられたことが買い材料視されている。会社側でも取締役会での付議を伝えており、期待先行の動きとなった。

-注目銘柄シューティング