来週の相場展望

来週の相場展望「トランプラリーは来週も続く!? イベント考慮で短期売買対象など物色傾向の把握を!」

今週の株式相場は、地合い好転の見られた先週の流れを引き継ぎ、週明け月曜日も買いが優勢に。火曜日も堅調展開が見られたあと、水曜日の祝日休場を挟んで木曜日も外部要因進展とともに買い気を強め、金曜日も好調に推移するなど、先週に続いて好地合いが確認されています。

日経平均株価は、先週末の17900円台から、月曜日には18100円台乗せ。火曜日も大台18000円台を固める動きを見せ、木曜日には一気に18300円台に上昇。金曜日も18400円台で推移するなど、水準を切り上げてきました。

先週には、為替相場で1ドル107円台から110円台までの円安推移が確認されるなど、外部要因進展とともに買い気を強めたほか、長期金利上昇による金融関連物色も追い風となっていたと思います。

今週も週明け月曜日には、1ドル111円の円安推移を好感した買いが主導。外需関連を中心に買い優勢で推移するなか、日経平均株価は4日続伸。終値で大台18000円を奪回してきました。

火曜日には、早朝の地震発生で円安一服も押し目買い意欲は高く、鉱業株や材料株などへの資金循環が確認される堅調展開。日経平均株価は5日続伸。もう一方の株価指数でもあるTOPIXは9連騰を記録しています。

水曜日は「勤労感謝の日」の祝日休場となり、祝日休場明けとなった木曜日には、1ドル112円台の円安推移で折り返し、輸送用機器など外需関連が強含み。日経平均株価は6連騰。節目18300円台に乗せ、もう一方の株価指数でもあるTOPIXは10連騰を記録しました。

木曜日の米国市場は感謝祭の祝日休場も1ドル113円台の円安推移が確認されており、金曜日も買い優勢の展開。日経平均株価は7連騰。TOPIXは11連騰を記録するなど、株価指数は週を通じて上昇しています。

さて、先週配信版では「トランプラリーに乗り遅れるな! 低売買単価銘柄の回転売買で利益確定を繰り返せ!」と題していました。

米国市場や為替相場ともリスク選好の「トランプラリー」に発展。連れて東京市場も円安、株高トレンドが続くなか、買い優勢の流れが続くとの見方を示していたと思います。

そこで、買い目線で「勝ちやすい相場」にあるときこそ、手掛け易い銘柄を取引して「利益確定」を繰り返していくべきと指摘。大きな値幅を取るよりもまずは勝率を重視して、手掛け易い銘柄で利益確定を目指していくスタンスを紹介していました。

週明け月曜日には、先週木曜日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていたレック<7874>が目標株価を達成。火曜日にも11日のインターネット会員A情報で買い推奨していた合同製鐵<5410>が目標株価達成を果たしています。

さらに、先週水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたエディオン<2730>が火曜日に目標株価を達成。同社株は100株単位株価1,000円前後と資金効率の高い低売買単価銘柄。回転売買で利益確定を繰り返す、今の地合いに適した投資対象だったのではないでしょうか。

さて、株価指数の記録的連続上昇から物色意欲の高さが確認されている株式相場ですが、来週木曜日からは12月相場に突入。重要経済指標の米雇用統計、日銀短観、利上げ動向が注目されるFOMCや日銀金融政策決定会合などの金融政策イベント。さらにメジャーSQや12月権利落ちなど、注目イベントが控えています。

そこで来週は「12月のイベント日程」に注目してください。

これらのイベントを見極めるとともに、引き続き株価指数の上値追いに付いて行くスタンスを持ちあわせておきたいところ。さらに年末最終月となる来月は、個人投資家が「節税対策売り」に動くほか、クリスマス休暇を取得する海外投資家の「ポジション調整」などの影響も働いてくるだけに、日程面を意識した投資行動も求めらるのではないでしょうか。

指数の短期調整局面ともなれば、具体的な物色の手掛かりのある材料株やバイオ関連、仕手系色の強い銘柄などに短期資金が向かう状況ともなります。今週も木曜日には、9月13日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「仕手系・低位・バイオ 株価倍増期待株で大儲けを狙え!」の提供銘柄・グリーンペプタイド<4594>が目標株価を達成しました。

サムシングホールディングス<1408>、ナノキャリア<4571>、マーチャント・バンカーズ<3121>に続いて、4銘柄目の目標株価達成となりましたが、同社株は材料性の伝わったバイオ関連ですし、仕手系・低位・バイオ関連やIPO銘柄などもマークしておきましょう。

記事下広告(レポート)

20万円以下で買える優良小型株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望