注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング!「シャープ<6753>、日本アジア投資<8518>、メタップス<6172>」

シャープ<6753> 208円 前日比+16円(+8.33%)

大幅高。全市場の売買代金上位にも進出してきた。台湾の鴻海精密出身の戴社長が黒字化し、東証1部に復帰したら退任する意向を示し、早期の1部復帰期待が高まったようだ。電気機器の東芝<6502>の新高値と戻りも目立っており、セクター評価も高まってきている。

日本アジア投資<8518> 710円 前日比-81円(-10.24%)

大幅反落。投資先のアクセスブライドがヒット映画「君の名は。」の中国興行権などを有しており、関連人気が高まっていたほか、エルテス<3967>出資による投資収益期待も高まっていたものの、買い先行から短期過熱感による利益確定売りに押されている。

メタップス<6172> 3,300円 前日比+358円(+12.17%)

上伸。人工知能関連のテーマ人気が短期資金流入につながっているほか、マーケティング事業のスピンオフによる子会社設立も買い材料視されている。短期売買対象では黒田精工<7726>、グローバルダイニング<7625>、アズジェント<4288>などの人気化が確認された。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング