明日の株新聞

明日の株新聞「指数新高値形成と活況呈したSQ取引 イベント睨みつつ上昇期待株をマーク」

米国株高、円安推移を好感した買いで好調に推移した本日の株式相場ですが、株価指数は年初来高値更新、大台突破を記録するなど、中核銘柄が活躍。SQ算出取引ながら東証1部売買代金3兆円、売買高31億株の大台突破を果たすなど、活況を呈しています。

日経平均株価は4日続伸。大台19000円に乗せる場面もあるなど、年初来高値を更新しました。寄り付き算出のSQ値18867.45円を上回って引けています。

さて、前営業日配信版では「やはり指数は行使価格を意識した動き 明日のSQ算出以降の推移見極めを!」と題していました。

外部要因進展とともに前営業日も買い進まれたものの、日経平均株価はオプション行使価格となる18750円を意識した引け味に。本日のSQ算出日取引の内容が注目されていたのではないでしょうか。

当欄でも「米国市場、為替相場の推移を確認しながら、明日寄り付きのSQ算出を見極めるタイミングとなりますが、寄り付きでのSQ概算値確認後も方向性や日中高安、終値なども目先のキープライスとなるでしょう」とも記していました。

前述したように寄り付き算出のSQ値18867.45円が伝わると、日経平均株価は上値を追う動きに。前引け前には日中高値ベースでの年初来高値を更新すると、後場では大台19000円に乗せる場面も確認されています。

日経平均株価は4連騰と来週は短期過熱感と向き合う形となりますが、週央にはFOMC政策声明もあり、イベント警戒も見込まれる状況。さらに年末特有の「節税対策売り」も時期的要因も予想されるため、年末相場を意識した投資戦略も求められるところでしょう。

また、物色傾向でも四季報新刊発売も予定されており、好決算銘柄の再評価も見込まれる局面。前営業日に目標株価達成を果たしたC&Fロジホールディングス<9099>も新値追いへと向かっており、上昇期待銘柄をマークしていきましょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞