来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価は年初来高値更新、大台19000円奪回も! 積極投資で資産倍増を目指せ!」

今週の株式相場は、押し目買いと利益確定売りが入り交じる展開となった先週の流れから、週明け月曜日は利益確定売りが主導。ただ、火曜日は押し目買いで切り返し、水曜日以降は買い気を強めるなど、強気心理が勝ってきています。

日経平均株価は、先週末の18400円台から、月曜日には18300円台割れ。火曜日に18300円台に乗り直すと、水曜日に18400円台、木曜日に18700円台、金曜日には18900円台まで水準を切り上げてきました。

先週には、株価指数の連騰が途絶え、利益確定売りも重しに。原油相場上昇で買われる場面があったものの、米雇用統計やイタリア国民投票のイベント警戒売りも働いていたと思います。

ただ、米雇用統計はまちまちな内容となり、ドル円が軟化。イタリア国民投票も反対結果で首相辞意表面とともにユーロ円も下落しており、週明け月曜日には円高推移を嫌気した売りに押されました。

イタリア国民投票確認後の欧米市場が落ち着きを見せ、為替相場でもユーロが見直される流れとなり、火曜日には見直し買いが優勢。それでも株価指数は戻り売りで伸び悩む展開に。

米国株、ドル円が底堅く、水曜日は買い優勢の展開。日経平均株価は5日移動平均線奪回とともに戻り売りをこなす動きを見せました。

木曜日も米国株高を好感した買いを集め、日経平均株価が上値を追う動き。先週1日高値を上抜き、終値ベースで年初来高値を更新。もう一方の株価指数でもあるTOPIXも終値ベースでの年初来高値を更新する動きに。

S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は連日で過去最高値を更新するなど、米国株高が継続。金曜日も買い気を強め、日経平均株価は年初来高値を奪回、大台19000円に乗せる場面もあるなど、好調に推移しています。

さて、先週配信版では「株価指数の連騰一服も物色意欲は旺盛 資金循環見極めてハイリターンを狙え!」と題していました。

さらに「指数膠着が続けば、材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう。ただ、資金循環は早く、リスクを限定して取り組みたいところ」とも指摘していたと思います。

利食いに押される場面の見られた週前半では、火曜日に過去提供のスポット銘柄・アズジェント<4288>が先週に続いて再びストップ高比例配分となるなど人気化。同社株も100株単位株価3ケタとリスク限定で手掛けやすく、需給妙味の強い銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、日経平均株価が終値ベースだけでなく、日中高値ベースでも年初来高値更新を果たすなど、相場が上値志向を強めるなか、幅広い銘柄に物色が伸びてきています。

上値追いの期待が高まる「新たな相場の方向性」が見えてくるなか、改めて「資産株投資に取り組むタイミング」として意識されるところでしょう。

火曜日には、先月25日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日東紡績<3110>が目標株価を達成。さらに相場上昇に弾みの付いた木曜日には、水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたC&Fロジホールディングス<9099>がわずか1営業日で目標株価を達成するなど、両銘柄とも株価指数とともに年初来高値更新を果たしています。

そこで来週は「将来有望な資産株」に注目してみてください。トランプラリーによる好地合い、そしてボーナスシーズンが重なるここは、まとまった資金での積極的な売買で資産倍増を目指すチャンスが到来したと判断しても良いのではないでしょうか。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望