来週の相場展望

来週の相場展望「来週も日経平均株価の連騰続くか? 打診買い、押し目買いで有効な低売買単価銘柄狙いで」

今週の株式相場は、買い気を強めた先週の流れから、週明け月曜日も買い優勢の展開。火曜日には利益確定売りが先行するも持ち直し、水曜日も堅調展開。木曜日には買い進まれたあと軟化する場面があったものの、金曜日も買い進まれており、週を通じて底堅い展開となっています。

日経平均株価は、先週末の18900円台から、月曜日には年初来高値更新となる19100円台乗せ。火曜日から木曜日まで19200円台、金曜日には19400円台まで上昇しており、終値ベースで連日の年初来高値更新が確認されました。

先週には、米株価指数が連日で過去最高値を更新。円安進展も追い風となり、株価指数は年初来高値を更新するなど、買い優勢で推移していたと思います。

週明け月曜日も米国株続伸、円安推移を好感した買いが継続。日経平均株価は5日続伸。終値ベースで大台19000円奪回を果たし、東証1部売買代金3兆円超えの大商いが確認されました。

ただ、火曜日には外部要因進展も一服、利益確定売りが先行するも押し目買いで持ち直す動き。材料株を中心に物色意欲は旺盛、日経平均株価は6日続伸を記録しています。

水曜日には、米国株高を好感した買いが先行したあと利益確定売りに押される場面があったものの、押し目買いで切り返す展開。日経平均株価は7日続伸となりました。

木曜日には、FOMC政策声明確認後の円安推移を好感した買いが主導。日経平均株価は立ち上がりに節目19400円台乗せ。利益確定売りをこなし、8日続伸となっています。

金曜日には、1ドル118円台の円安推移を好感した買いが優勢。日経平均株価は年初来高値を更新、9日続伸を記録しました。

さて、先週配信版では「日経平均株価は年初来高値更新、大台19000円奪回も! 積極投資で資産倍増を目指せ!」と題していました。

今週も日経平均株価は週を通じて上昇。終値ベースの年初来高値更新が続き、19400円台に乗せてきています。

さらに「トランプラリーによる好地合い、そしてボーナスシーズンが重なるここは、まとまった資金での積極的な売買で資産倍増を目指すチャンスが到来したと判断しても良い」とも指摘していました。

月曜日には、先週木曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたぴあ<4337>が目標株価を達成。大きく上放れてきており、内需系銘柄や小型株への資金シフトも追い風として捉えています。

火曜日も先週月曜日のインターネット会員B情報で買い推奨していた松屋フーズ<9887>が目標株価を達成。さらに水曜日には、2日のインターネット会員A情報で買い推奨していたメルコホールディングス<6676>が目標株価を達成。先導株に利益確定売りが出るなか、小型の内需系好実態銘柄の活躍が目立ちました。

さて、米国金融政策イベントをこなし、好地合いが続いていますが、来週には日銀金融政策決定会合があるほか、金曜日の「天皇誕生日」で立会も4営業日に。海外勢のクリスマス休暇前の手仕舞い、国内でも益出し目的の売り圧力なども考慮していきたいところ。

基本線では、リスク限定で取り組める低売買単価銘柄の打診売買が有効となるところ。指数の連騰が途絶えたところでの押し目買いでも取り組みやすい売買対象ではないでしょうか。

-来週の相場展望