注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ジャパンディスプレイ<6740>、ホンダ<7267>、オリンパス<7733>」

ジャパンディスプレイ<6740> 349円 前日比-17円(-4.64%)

急反落。前営業日に報じられていた政府系ファンドの産業革新機構から総額750億円を調達すると正式発表を行い、出尽くし売りに押されている。転換社債型新株予約権付社債(CB)発行が450億円規模となり、将来の株式希薄化懸念も嫌気されたようだ。

ホンダ<7267> 3,570円 前日比+43円(+1.22%)

続伸。米アルファベット傘下のウェイモ社と米国で自動運転技術領域の共同研究に向けた検討を開始するとの発表が買い材料視された。目標株価引き上げの富士重<7270>、格上げが継続視されたアドバンテスト<6857>なども材料性で賑わっている。

オリンパス<7733> 3,925円 前日比-210円(-5.08%)

大幅続落。同社製の十二指腸内視鏡で手術を受けた患者が超耐性菌に感染した問題で米司法省が罰金を求めているとの一部報道が伝わり、見切り売りに押されている。下方修正の小野薬品工業<4528>、臨床試験中止のナノキャリア<4571>なども売られた。

記事下広告(レポート)

20万円以下で買える優良小型株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-注目銘柄シューティング