来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価の連騰ストップも高値推移続く! 来年のテーマを今からマーク!」

今週の株式相場は、週を通じて底堅い展開となった先週の流れから、週明け月曜日には利益確定売りが先行したものの、火曜日は見直し買いが優勢に。水曜日は買い先行から売り直されると木曜日は利食い先行から押し目買いを誘い、先週に続いて堅調展開が続いています。

日経平均株価は、先週末の19400円台から、月曜日には19400円台を割り込んだものの、火曜日には19400円台を奪回。水曜日には19500円台に乗せる場面があったものの、木曜日は19400円台を挟んでの値動きとなるなど、小動きに終始しました。

先週には、利食い局面も押し目買い意欲が上回り、FOMC政策声明確認後の円安推移も追い風となるなど、日経平均株価は年初来高値更新から金曜日まで9日続伸を記録していたと思います。

週明け月曜日には、外部要因進展も一服しており、利益確定売りが主導。日経平均株価は10営業日ぶりに反落したものの、売り一巡後の後場では下げ渋りました。

続く火曜日も軟調な立ち上がりとなったものの、現状維持の金融政策イベント通過とともに後場から見直し買いが優勢に。日経平均株価は5日移動平均線を下値支持に切り返す動きに。

水曜日も堅調な外部要因のもと買い優勢の立ち上がりとなったものの、ドル円伸び悩みとともに売り直される展開。日経平均株価は立ち上がりに年初来高値を更新しましたが、反落着地を余儀なくされました。

外部要因軟化の木曜日は利益確定売りが先行したものの、ドル円の下げ止まりとともに下げ渋り。週末三連休やクリスマス休暇が控える日程面が重しとなるも押し目買いが下支えしています。

さて、先週配信版では「来週も日経平均株価の連騰続くか? 打診買い、押し目買いで有効な低売買単価銘柄狙いで」と題していました。

さらに「来週には日銀金融政策決定会合があるほか、金曜日の『天皇誕生日』で立会も4営業日に。海外勢のクリスマス休暇前の手仕舞い、国内でも益出し目的の売り圧力なども考慮していきたいところ」とも記していましたが、週明け月曜日から利益確定売り圧力が発生。指数の連騰記録が途絶えています。

そこで、指数の連騰が途絶えたところでの押し目買いでも取り組みやすい売買対象として、リスク限定で取り組める「低売買単価銘柄の打診売買」を挙げていました。

月曜日には、先週水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたアルビス<7475>が目標株価を達成。火曜日には6日のインターネット会員A情報で買い推奨していたホッカンホールディングス<5902>が目標株価を達成しています。

さらに水曜日には、先週水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたウイン・パートナーズ<3183>、月曜日のインターネット会員B情報で買い推奨していたテクノ菱和<1965>がそれぞれ目標株価を達成。押し目買い狙いでのエントリーが功を奏したのではないでしょうか。

さて、来週は年末最終週。火曜日の権利付最終日から、水曜日の権利落ちを迎えると、実質新年相場入りとなります。そろそろ来年の投資方針、投資対象を準備しておきたい局面ですし、来週は「2017年の投資テーマ」に注目してみてください。

足元でも直近IPOのテーマ人気が確認されるなど、参加者限定の年末年始相場のなかでは、具体的な物色の手掛かりとなる材料性やテーマ性が強く意識されるのではないでしょうか。

水曜日には、新規上場で買い気配初値付かずとなったイノベーション<3970>の株主でもあるリンクアンドモチベーション<2170>は先月22日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「20万円以下で買える●倍高期待株!」の提供銘柄でもあり、人気化して目標株価達成を果たしました。

10月25日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「秋の決算シーズン前に先回り買い!【決算急騰株】を仕留めろ!」の提供銘柄・ハンズマン<7636>もジャスダック市場所属で出遅れ循環物色を取り込み、目標株価を達成しています。

また、今週も上値の重い展開となりましたが、年内決済によるポジション調整優位の流れが一巡すれば、需給改善も見込まれるだけに、株価指数の上値も軽くなりそう。

年末の株価上昇アノマリー「掉尾の一振(とうびのいっしん)」の発生が期待されるほか、翌月となる1月相場の傾向として、テーマ物色が強まるケースが多く、物色を先取りする意味でも、テーマ性の強い銘柄を早めにマークしておきましょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望