注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、インタートレード<3747>、セグエグループ<3968>」

任天堂<7974> 24,555円 前日比+960円(+4.07%)

反発。直近では「スーパーマリオラン」投入による出尽くしが見られていたものの、見直しが広がっているほか、来年も年間3本ほどのアプリ投入を予定していると伝えられたことが買い材料視された。ハッピーセット発売でマクドナルド<2702>、ディー・エヌ・エー<2432>なども底堅く推移している。

インタートレード<3747> 465円 前日比+80円(+20.78%)

連騰。社長保有株の一部をジャパンインベストメントアドバイザー<7172>が取得しており、協業などの期待感が買い材料視されて人気化している。全市場の売買代金上位に進出するなど、値動きの鈍い大型株から小型の同社株へ材料性をもとに短期資金流入が確認された。

セグエグループ<3968> 6,730円 前日比+230円(+3.54%)

活況高。直近IPOの一角として短期資金流入が確認されている。全市場の売買代金上位に進出しており、直近IPOではエイトレッド<3969>が売られたものの、IPO間で資金循環が確認された。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-注目銘柄シューティング