明日の株新聞

明日の株新聞「権利付き最終日も手仕舞い限定的 明日からの新年相場入りで狙える物色対象は?」

多くの海外市場は休場となり、外部要因の変化も乏しいなか、前営業日に続いて売り買いが交錯した本日の株式相場ですが、株価指数は底堅い動きに。ポジション調整も一巡しており、需給改善が期待されるなか、物色も小型株や材料株の賑わいが確認されています。

日経平均株価は小反発。節目19400円を挟んでのもみあいに終始しました。5日移動平均線(19433.27円)を下回る推移となっています。

さて、前営業日配信版では「市場参加者減少の年末需給相場 積極的な短期取引でハイリターンを目指せ!」と題していました。

クリスマス休暇中の市場参加者も多く、前営業日も方向感を欠いていましたが、本日も大型株を中心に売り買いが交錯。ただ、先週からポジション調整が働いていたこともあり、売り圧力は高まらず、見直しが進んでいます。

また、本日は12月末の権利付き最終日でもあり、受け渡しベースで年内最終売買日に。手仕舞いも予想されましたが、前述したようにポジション調整が先行したことで、影響は限られました。

ただ、物色傾向では、小野薬品工業<4528>、シャープ<6753>など材料株の活躍が確認されており、やはり物色の手掛かりのある銘柄や需給妙味の強い銘柄に短期資金が向かっています。

先々週14日後場寄り配信のスポット銘柄は前営業日に続いて上場来高値を更新。短期資金流入とともに人気化しており、短期売買で値幅取りを仕掛けていきたいところ。

ただ、明日取引分からは実質新年相場となり、持ち越しを考慮したスタンスも持ち合わせておきたいところ。投資テーマを探りながら、物色対象を絞り込みましょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞