注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「さくらインターネット<3778>、日立工機<6581>、アスカネット<2438>」

さくらインターネット<3778> 1,284円 前日比+150円(+13.23%)

活況高。全市場の売買代金上位に進出しており、全員参加型の人気銘柄となっている。スーパーコンピューティング基盤受注を材料性に前営業日にはストップ高を記録、材料性に基づく短期資金流入が続いた。指数反落の軟地合いのなか値動きの軽さに着目した資金流入も確認されている。

日立工機<6581> 1,398円 前日比-110円(-7.29%)

急落。米投資会社KKR傘下のHKホールディングスが実施する株式公開買い付け(TOB)の買い付け価格が1株870円に決まり、TOB成立時の1株580円の特別配当金を含めると実質的な価格は1,450円となるため、TOB価格への期待感で上昇していた水準から売り直された。

アスカネット<2438> 1,753円 前日比+129円(+7.94%)

連騰。米ラスベガスで開催された家電見本市で同社AIプレート搭載製品への活躍期待が継続しており、材料人気に基づく短期資金流入が確認されている。全市場の売買代金上位にも進出するなど、活発な商いとなったものの、さすがに短期過熱感から利益確定売りに押される場面もあった。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング