注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ファーストリテイリング<9983>、グノシー<6047>、メタップス<6172>」

ファーストリテイリング<9983> 36,770円 前日比-710円(-1.89%)

続落。UBS証券が投資判断を「中立」から「売り」に、目標株価を40,000円から35,000円に引き下げたことが嫌気された。日経平均株価構成比率上位の同社株の下落もあり、日経平均株価は大台19000円割れ。一方、インバース型ETFの日経ダブルインバース<1357>、直近調整の見られていた任天堂<7974>が買われた。

グノシー<6047> 2,061円 前日比+61円(+3.05%)

続伸。全市場の売買代金上位に進出したほか、一気に上場来高値を更新している。13日引け後に通期業績予想の上方修正を実施、前営業日にストップ高まで買い進まれたあと、本日も買い優勢の展開となった。ただ、買い一巡後は伸び悩んでいる。

メタップス<6172> 3,820円 前日比+420円(+12.35%)

急反発。前営業日引け後に発表した第1四半期決算で黒字転換を果たし、事前に決算警戒売りに押されていたこともあり、見直し買いを集めている。全市場の売買代金上位にも進出するなど、値動きの軽さを好感した短期資金流入が確認された。前営業日に賑わっていたさくらインターネット<3778>は利益確定売りに押されている。

-注目銘柄シューティング