来週の相場展望

来週の相場展望「株価指数では先週に続いて押し目段階 低売買単価銘柄の打診売買でリスクを限定せよ!」

今週の株式相場は、売り圧力の目立った先週の流れから、週明け月曜日も軟調展開。火曜日も売り圧力を強め、水曜日も売り優勢の立ち上がり。ただ、売り一巡後に持ち直すと、木曜日、金曜日と堅調に推移しており、週半ばから見直されてきました。

日経平均株価は、先週末の19200円台から、月曜日は19000円台、火曜日は18800円台を水準を切り下げる動き。水曜日は18700円台割れから切り返すと、木曜日は大台19000円台を回復、金曜日は19100円台を挟んでの値動きとなっています。

先週では、トランプ新大統領の記者会見に対する警戒感、会見後の円高推移とともに調整が広がっていました。

円買い優勢とともに週明けの月曜日も軟調。日経平均株価は前営業日算出のSQ値割れ。大台19000円肉薄と上値を切り下げる動き、東証1部銘柄では8割近くの銘柄が下落する展開に。

米国市場休場も欧州株安、円高推移と外部要因は振るわず、火曜日も売り優勢。日経平均株価は続落。大台19000円を割り込んできました。

水曜日は外部要因軟化とともに売り圧力を強めたものの、連日の調整からのリバウンド期待も高まり、売り一巡後は見直される展開。調整が先行していた指数系銘柄や外需関連が持ち直し、日経平均株価も反発着地に。

外部要因改善とともに見直し買いを集めた木曜日には、日経平均株価は続伸も朝高後はもみあう動き。大台19000円回復を果たし、ほぼ17日以降の下落分を埋めてきました。

トランプ新大統領の就任式を控えて米国株安で折り返した金曜日は日経平均株価の反落スタートも円安継続で切り返す動き。ただ、イベント警戒で買い気も乏しく、堅調もみあいが続いています。

さて、先週配信版では「トランプ新大統領の記者会見で相場も揺れる 少額投資可能な資産株の押し目を狙え!」と題していました。

さらに「中長期上昇トレンド銘柄も今回の調整は押し目となるでしょう」と指摘。中長期視点で資産株投資を行う良いタイミングと位置づけていましたが、月曜日には先週水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたダイヤモンドダイニング<3073>が目標株価を達成、増額修正を受けて人気化しています。

火曜日も先週木曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたテクノスマート<6246>が目標株価を達成、水曜日には火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた精工技研<6834>がわずか1営業日で目標株価を達成するなど、低めの売買単価で手掛けやすい銘柄が物色されました。

また、金曜日には水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたモバイルファクトリー<3912>が目標株価を達成。それぞれ中長期上昇トレンドを描いている資産株候補ですが、今週は軟地合いのなかでもNISAの保有を意識した少額投資可能な資産株候補を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、相場の先行きの見方も分かれていますが、株価指数では先週に続いて押し目形成段階。基本線では、リスク限定で取り組める低売買単価銘柄の打診売買が有効でしょう。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望