来週の相場展望

来週の相場展望「ダウ平均2万ドル大台突破が追い風も決算相場入り 個別視点で決算期待銘柄を選び抜け!」

今週の株式相場は、調整先行から見直された先週の流れから、週明け月曜日に再び軟化。火曜日も軟調展開となったものの、水曜日に見直されると、木曜日も買い優勢の展開。金曜日も堅調に推移しており、先週同様に調整先行から見直されてきました。

日経平均株価は、先週末の19100円台から、月曜日には大台19000円割れ。火曜日には18800円台を割り込んだものの、水曜日には一転して大台19000円を回復。木曜日には25日移動平均線奪回から19400円台に乗り直し、金曜日も19400円台での推移となっています。

先週では、トランプ新大統領の就任式を控えて調整が先行したあと、外部要因改善とともに相場の先行きを探る流れとなっていました。

注目されたトランプ新大統領の就任式での演説では市場観測よりも貿易の保護主義を打ち出したことで、先週末の米国市場は伸び悩み。さらに為替相場では円高推移が確認されており、週明け月曜日には調整色を強め、日経平均株価は大台19000円を割り込む展開に。

米国株軟調、円高推移と外部要因は振るわず、火曜日も軟調展開。戻り売り優位の流れが続いており、日経平均株価も前営業日に攻防の見られた節目18900円を割り込んできました。

ただ、米国株上昇、円高一服と外部要因改善とともに水曜日は見直し買いが主導。日経平均株価は切り返し、大台19000円を奪回する展開に。

米国市場でダウ平均が2万ドルの大台突破を果たし、木曜日にはリスク選好の波が波及。日経平均株価は続伸。一気に節目19400円台、25日移動平均線に乗り直してきました。

米国株値固め、円安推移で金曜日も堅調展開。ただ、決算シーズン本格化で物色は個別視点を強めてきています。

さて、先週配信版では「株価指数では先週に続いて押し目段階 低売買単価銘柄の打診売買でリスクを限定せよ!」と題していました。

先週段階では、トランプ新大統領の就任演説などイベントを控えていたことで「相場の先行きの見方も分かれていますが、株価指数では先週に続いて押し目形成段階。基本線では、リスク限定で取り組める低売買単価銘柄の打診売買が有効」との見方を示していたと思います。

調整目立った火曜日には、先週1月17日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「2017年に上がる株!」の注目銘柄・メンバーズ<2130>が目標株価を達成。早期の返金条件クリアを果たしました。

同社株はすでに増額実績のある好決算期待銘柄でしたし、来月の決算期待の高まりが追い風に。さらに同レポート銘柄では、UTグループ<2146>も目標株価を達成。揃って配信から5営業日で目標株価達成を果たしており、軟地合いのなかでも物色を取り込んでおり、両銘柄とも100株単位で株価1,000円レベルと低売買単価で取り組める点も物色を集めたのではないでしょうか。

さて、来週からは、いよいよ3月期決算企業の第3四半期(4ー12月)決算が本格化。市場参加者の関心も企業決算に移ってくることから、来週は「決算期待銘柄」に注目してください。

決算銘柄の狙い方としては、好業績が期待される銘柄の決算発表日を予め調べておき、先回りして仕込んでおくのが基本方針となります。決算開示前には増額修正や調査機関の投資判断、好業績観測報道などの材料性が表面化しやすく、発表日から逆算して仕込んでおきたいところ。

週明け月曜日には、先週水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていた東京製鐵<5423>が目標株価を達成。決算評価の買いが押し上げ要因となっていました。

水曜日には、先々週水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していた三菱ガス化学<4182>が目標株価を達成。来月3日に開示を控える決算期待とともに株価水準を切り上げています。

さらに、水曜日には昨年10月25日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「秋の決算シーズン前に先回り買い!【決算急騰株】を仕留めろ!」の注目銘柄・CRI・ミドルウェア<3698>が目標株価を達成しました。

また、木曜日にも同レポート銘柄のソフトバンクテクノロジー<4726>が目標株価を達成。同社株もシティグループ証券の新規カバレッジが材料視されていますが、決算シーズン入りとともに前回の決算レポート銘柄が動意付いてきています。やはり今は決算相場に沿った市況分析、銘柄アプローチが求められるところでしょう。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望