注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、三菱自動車<7211>、スタートトゥデイ<3092>」

任天堂<7974> 22,625円 前日比-495円(-2.14%)

続落。前営業日引け後開示の第3四半期決算が黒字転換を果たしたものの、通期営業利益予想の下方修正を発表しており、決算売りに押されている。同じく下方修正実施の新光電気工業<6967>、決算銘柄のコニカミノルタ<4902>、富士フイルム<4901>なども軟調。同社が他社とのアプリ協業を匂わせたことでディー・エヌ・エー<2432>が急落した。

三菱自動車<7211> 689円 前日比+76円(+12.40%)

急反発。前営業日引け後発表の第3四半期決算と通期業績予想の上方修正を好感した買いを集めているようだ。JPモルガン証券が格上げ、野村證券も目標株価引き上げを伝えており、調査機関の評価修正も支援材料となったようだ。増額銘柄では日東電工<6988>、オムロン<6645>なども賑わっている。

スタートトゥデイ<3092> 2,500円 前日比+377円(+17.76%)

大幅高。前営業日引け後発表の第3四半期決算が大幅増益となり、決算評価の買いを集めている。決算銘柄では大同特殊鋼<5471>、ワタベウェディング<4696>、富士通<6702>、トクヤマ<4043>なども好調。減益内容のNTN<6472>なども見直された。

-注目銘柄シューティング