注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「日立<6501>、カカクコム<2371>、三菱商事<8058>」

日立<6501> 655.7円 前日比+7.5円(+1.16%)

続伸。前営業日引け後開示の第3四半期決算が減収営業減益着地となったものの、通期業績の営業利益予想を上方修正しており、見直し買いを集めている。上方修正のフタバ産業<7241>、扶桑化学工業<4368>、好決算のエイチーム<3662>、減益決算のNOK<7240>、日本ユニシス<8056>などが買われた。

カカクコム<2371> 1,726円 前日比-267円(-13.40%)

後場暴落。前引け後に発表した第3四半期決算と通期業績予想の下方修正を嫌気した投げ売りに押されている。決算銘柄ではカシオ計算機<6952>、カプコン<9697>、スカパー<9412>、下方修正の宇部興産<4208>、日本光電<6849>、JPホールディングス<2749>なども売られた。

三菱商事<8058> 2,627.5円 前日比+54.5円(+2.12%)

後場急伸。後場取引時間中に発表した第3四半期決算が大幅増益となり、通期業績予想の上方修正を発表したことから、決算評価の買いを集めている。一方、場中開示銘柄では三菱電機<6503>、三菱重工<7011>が決算売りに押された。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング