注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、マツダ<7261>、ソニー<6758>」

任天堂<7974> 23,945円 前日比+1,425円(+6.33%)

急反発。新作アプリ「ファイアーエムブレム ヒーローズ」の配信を開始し、アプリランキングへの上位進出が確認されており、収益貢献を期待した買いを集めている。直近では決算開示を切っ掛けとして株価水準を切り下げていたこともあり、見直し買いも集めている。協業関係のディー・エヌ・エー<2432>も買われた。

マツダ<7261> 1,594.5円 前日比-31.0円(-1.91%)

続落。前引け後に発表した第3四半期決算と通期業績予想の下方修正を嫌気した投げ売りに押されている。決算銘柄では丸井グループ<8252>、ヤマダ電機<9831>、ぐるなび<2440>、日産化学<4021>、下方修正の神戸製鋼所<5406>なども売られた。

ソニー<6758> 3,537.0円 前日比+168.0円(+4.99%)

反発。減損処理による業績予想の下方修正を実施したものの、実質上方修正と判断した見直し買いを集めている。上方修正の住友電気工業<5802>、フジクラ<5803>、ローム<6963>、決算銘柄のダイセル<4202>などが物色された。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング