注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東芝<6502>、ミネベアミツミ<6479>、ニコン<7731>」

東芝<6502> 229.8円 前日比-20.0円(-8.01%)

後場一段安。本日前引け後に予定していた決算開示の延期を伝えたことで見切り売りに押されている。監査法人との調整が難航しているとの観測報道も伝わっており、先行き不透明感も強まっているようだ。日経平均株価構成銘柄でもあり、後場の指数下押し要因ともなっている。

ミネベアミツミ<6479> 1,414円 前日比+202円(+16.67%)

大幅高。前営業日引け後に発表した通期業績予想の上方修正を好感した買いを集めている。売買代金上位でもマイネット<3928>、三井金属<5706>などが決算評価で賑わった。増額のアルバック<6728>、決算銘柄の東和薬品<4553>、ノーリツ<5943>なども物色されている。

ニコン<7731> 1,608円 前日比-275円(-14.60%)

大幅安。前営業日引け後に発表した通期業績予想の下方修正を嫌気した投げ売りに押されている。決算銘柄のパイオニア<6773>、アシックス<7936>、ホシザキ<6465>、キリンホールディングス<2503>、ネクスト<2120>なども売られた。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング