注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東芝<6502>、ANAホールディングス<9202>、東洋ゴム<5105>」

東芝<6502> 202.7円 前日比-7.0円(-3.34%)

続落。監査法人承認前の暫定決算が巨額減損計上で4999億円の最終赤字となり、債務超過を回避すべく予定していたメモリ事業売却が4月以降となる見通しから、東証2部降格可能性を意識した見切り売りに押されている。降格ともなればインデックスファンドの資金シフトが見込まれるだけに、需給悪化懸念も高まったようだ。

ANAホールディングス<9202> 324.5円 前日比-4.2円(-1.28%)

軟調。前場取引時間中に重要な経営課題について引け後に会見を行うと伝え、警戒売りに押されたようだ。後場では社長交代の観測報道が伝わり、急速に下げ渋ったものの、交代に併せての悪材料発表の思惑も強まり、買い手控えにつながったようだ。

東洋ゴム<5105> 1,662円 前日比+177円(+11.92%)

大幅続伸。前営業日場中開示決算の評価が継続しているほか、引け後開催の決算説明会も支援材料となっているようだ。決算評価銘柄ではアサヒグループホールディングス<2502>、目標株価引き上げの戸田建設<1860>、韓国子会社の大型受注を明らかにしたローツェ<6323>なども賑わっている。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-注目銘柄シューティング