明日の株新聞

明日の株新聞「株価指数もみあいで中核銘柄も方向感欠く 物色の短期志向根強くディーリングを軸に!」

休場明けの米国市場は上昇も円買い圧力根強く、強弱材料で売り買いが交錯した本日の株式相場ですが、方向感を欠いた株価指数同様に中核銘柄も高安まちまち。物色は材料株や値動きの軽い銘柄に集中しています。

日経平均株価は小反落。それでも前営業日から上値、下値ともに切り上げてきました。5日移動平均線(19318.90円)での推移も続いています。

さて、前営業日配信版では「東証1部大型株から中小型株への資金シフト目立つ 積極的な短期売買が引き続き有利!」と題していました。

ボリューム不足による「閑散に売りなし」の需給要因で底堅い展開となった前営業日から、休場明けの米国市場結果が注目される状況となっていたと思います。

そこで当欄でも「祝日休場明けの米国市場の結果、為替変動を受けての寄り付きから、日経平均株価の5日移動平均線攻防を見極めたいところ」とも記していましたが、5日移動平均線を保ったことで改めて底堅さが確認された状況でしょう。

このまま先週高値レベルを試す動きも期待されますが、やはり為替変動な展開となるなか、上値追いには慎重ムードが広がりそう。

それでも先週13日のインターネット会員B情報で買い推奨していた大同工業<6373>が目標株価を達成。好業績銘柄には短期資金流入が確認されています。

また、前営業日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日本バルカー工業<7995>もわずか1営業日で目標株価を達成。外部要因の変化を織り込んだあとは短期資金循環を取り込みました。

さらに、本日後場寄り配信のスポット銘柄は提供後に2006年以来の上場来高値を更新。短期資金を取り込んで人気化しており、大化け期待のある需給要因の強い銘柄をマークしていきましょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞