注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ヤマトホールディングス<9064>、SMC<6273>、JMC<4576>」

ヤマトホールディングス<9064> 2,454.0円 前日比+179.5円(+7.89%)

活況高。傘下のヤマト運輸労働組合が労使交渉で、宅配便荷受量抑制を求め、会社側も応じる方向と報じられたことが好感されている。単価上昇による採算改善、併せて人員拡充も見込まれるされるなか、中長期的な収益拡大期待も高まったようだ。

SMC<6273> 33,200円 前日比+1,740円(+5.53%)

上伸。クレディ・スイス証券が投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を33,000円から37,000円に引き上げたことが材料視されたようだ。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は目標株価を340円から410円に引き上げたANAホールディングス<9202>も賑わうなど、調査機関の投資判断が手掛かりとなっている。

JMC<5704> 2,880円 前日比+388円(+15.57%)

3連騰。全市場の売買代金上位にも進出、全員参加型の人気銘柄として連日で上場来高値を更新しており、買いが買いを呼ぶ展開ともなっている。本日新規上場のレノバ<9519>もストップ高と人気化しており、主要株価指数膠着で物色の短期志向も強まっているようだ。

-注目銘柄シューティング