来週の相場展望

来週の相場展望「株価指数の膠着とともに物色は値動き選好の流れ 大化け期待の小型株狙いで!」

今週の株式相場は、安定感を欠く展開となった先週の流れから、週明け月曜日は調整先行から持ち直す動き。火曜日は買い進まれ、水曜日も堅調展開に。木曜日は売り買いが交錯、金曜日も調整先行から持ち直すなど、方向感に乏しい展開となりました。

日経平均株価は、先週末の19200円台から、月曜日は節目19200円台を挟んだ値動き。火曜日は19300円台乗せ、水曜日も19300円台での推移となり、木曜日、金曜日とも19300円台割れから持ち直す場面もあるなど、売り買いとも手控えられています。

先週では、日米首脳会談、イエレンFRB議長の議会証言通過による円安推移とともに買い進まれたものの、企業内部問題への懸念や高値警戒感による調整が重しとなっていました。

米国市場が祝日休場となった月曜日にはドルロングを手仕舞う動きとともに円高推移を嫌気した売りが先行したものの、円買い一巡とともに見直されるなど、市場参加者も限られており、中核銘柄の売買も停滞する形に。

円安推移を手掛かりに買い優勢の展開となった火曜日には日経平均株価は続伸。米国市場休場で市場参加者も少なく、東証1部売買代金上位は今年最低を記録しており、ボリューム不足による「閑散に売りなし」の需給要因で底堅い展開となりました。

休場明けの米国市場は上昇も円買い圧力根強く、売り買いが交錯した水曜日は方向感を欠いた株価指数同様に中核銘柄も高安まちまち。物色は材料株や値動きの軽い銘柄に集中しました。

外部要因に目立った変化はなく、木曜日の株価指数は弱含みもみあい。値動きの鈍い中核銘柄から値動きの良い中小型株への資金シフトの流れが加速。材料株やIPOなど需給妙味の強い銘柄に短期資金が向かいました。

米国市場はダウ平均が10連騰と記録的な上昇が記録されたものの、1ドル112円台の円高推移を嫌気した売りが先行した金曜日には、場中の円買い一巡とともに下げ渋る動き。週を通じて下値には買いが入る底堅い展開となっています。

さて、先週配信版では「神経質な為替変動とともに安定感を欠く展開 短期売買に適した銘柄で積極的な値幅取りを!」と題していました。

今週も安定感を欠く為替変動とともに株価指数の方向性が定まらない展開。相場の先行き不透明感や米国市場休場による市場参加者不足とともに中核銘柄の売買が手控えられた半面、値動きの軽い個別材料株などに短期資金集中が確認されています。

当欄でも「株価指数の方向性を探りつつ、短期売買に適した銘柄を中心に値幅取りを仕掛けていきましょう」とも締めていましたが、今週水曜日には火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日本バルカー工業<7995>がわずか1営業日で目標株価を達成。外部要因の変化を織り込んだあとは短期資金循環を取り込みました。

さらに、先週から販売を行い、今週配信を行っている新企画・上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』では、月曜日配信の上昇期待参考銘柄・イントラスト<7191>が木曜日に短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも実質3営業日、初配信の月曜日銘柄から返金条件クリアを果たしています。

また、火曜日配信の上昇期待参考銘柄・JMC<5704>も目標株価を達成。実質2営業日で2銘柄目の目標株価達成となるなど、短期売買対象の活躍が目立っており、直近IPOや材料株など、大化け期待のある需給要因の強い銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、来週も株価指数の方向性を探っていく局面となりますが、日々の変動に一喜一憂せず、落ち着いて下値水準を拾っていきたいところ。

そこで来週は「手掛けやすい低売買単価銘柄」に注目してみてください。指数膠着が続けば、小型の材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう。ただ、資金循環は早く、リスクを限定して取り組みたいところで、大化け期待が高く、回転売買向きの低売買単価銘柄の取引メリットを意識してみてください。

-来週の相場展望