注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「コマツ<6301>、資生堂<4911>、ジーエヌアイグループ<2160>」

コマツ<6301> 2,798.5円 前日比+88.0円(+3.25%)

続伸。トランプ米大統領が議会演説で大型インフラ投資を打ち出しており、建機株の同社株やセメント株の太平洋セメント<5233>も関連物色を集めている。大型投資を約束したソフトバンク<9984>、輸送用機器のトヨタ<7203>、マツダ<7261>、富士重工業<7270>なども買われた。

資生堂<4911> 3,069.0円 前日比+114.0円(+3.86%)

急反発。有効成分レチノールによる「しわを改善する」効能効果の承認を厚生労働省から受けたとの発表が刺激材料となったようだ。一方、競合関係にあるポーラ・オルビスホールディングス<4927>は売り込まれており、対照的な値動きとなっている。

ジーエヌアイグループ<2160> 616円 前日比+100円(+19.38%)

連騰。肺線維症治療薬が中国で保険目録に収載されたとの発表が継続視されている。直近IPOのレノバ<9519>は利益確定売りに押されており、相場上昇とともに直近の難地合いで資金シフト先となっていた材料株や新興軽量級から大型株への資金還流が働いているようだ。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング