来週の相場展望

来週の相場展望「イベント通過で日経平均株価は昨年来高値更新 回転売買が可能な低売買単価銘柄で臨め!」

今週の株式相場は、方向感に乏しい展開となった先週の流れから、週明け月曜日は売り圧力を強める動き。火曜日には見直されるも戻り売りが重しに。ただ、水曜日に買い進まれると、木曜日も好調。金曜日には利益確定売りが出たものの、週央から回復が確認されました。

日経平均株価は、先週末の19200円台から、月曜日には19100円台まで下押し。火曜日も19100円台で推移し、水曜日には19300円台まで持ち直すと、木曜日には19600円台乗せで昨年来高値を更新。金曜日も19500円を挟んで推移するなど、先週から水準を切り上げてきています。

先週では、安定感を欠く為替変動とともに株価指数の方向性が定まらない展開。相場の先行き不透明感や米国市場休場による市場参加者不足とともに、中核銘柄の売買は手控えられていました。

米国市場ではダウ平均が11日連騰を記録したものの、円高推移とともに月曜日には軟調展開。外需関連や金融関連を中心に売り圧力を強める流れに。

ダウ平均12連騰の米国市場上昇、円買い一巡で見直し買いが主導した火曜日には日経平均株価が4日ぶりの反発。ただ、翌営業日に控えるトランプ米大統領の議会演説のイベント警戒とともに伸び悩みました。

3月米利上げ期待の円安推移に加え、取引時間中にトランプ米大統領の議会演説を消化した水曜日は買いが優勢に。米国インフラ関連や外需関連を中心に直近で警戒売りに見舞われていたセクターが見直されました。

トランプ米大統領の議会演説好感の米国株高、早期米利上げ観測の高まりで円安推移で折り返し、木曜日は買い優勢の展開。日経平均株価は4日続伸。一気に昨年来高値を更新してきました。

ただ、金曜日には利益確定売りが主導。それでも押し目買い意欲は高く、日経平均株価も昨年来の高値圏でのもみあいとなっています。

さて、先週配信版では「株価指数の膠着とともに物色は値動き選好の流れ 大化け期待の小型株狙いで!」と題していました。

さらに「指数膠着が続けば、小型の材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう」とも指摘していたと思います。

月曜日には、新企画・上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』先週木曜日配信の上昇期待参考銘柄・レノバ<9519>が目標株価を達成。イントラスト<7191>、JMC<5704>に続いて、配信から実質2営業日で3銘柄目の目標株価達成となり、全市場の売買代金上位で活況を呈するなど、需給要因の強い銘柄に短期資金が集中しました。

さらに、火曜日には上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』先週金曜日配信の上昇期待参考銘柄・ユナイテッド&コレクティブ<3557>が目標株価を達成。イントラスト<7191>、JMC<5704>、レノバ<9519>に続いて、配信から実質2営業日で4銘柄目の目標株価達成となり、同社株も全市場の売買代金上位に進出するなど、需給要因の強い銘柄に短期資金集中が継続しています。

さて、イベント通過とともに株価指数も上値志向を強めていますが、今週のように買い目線で「勝ちやすい相場」にあるときこそ、手掛け易い銘柄を取引して「利益確定」を繰り返していくべきでしょう。

小刻みに利益確定を繰り返していけば、複利効果で大きな利益を得ることもできるだけに、大きな値幅を取るよりもまずは勝率を重視して、手掛け易い銘柄で利益確定を目指していきたいもの。そこで来週は、少ない資金で回転売買が可能な「売買価格の低い銘柄」に注目してみてください。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望