来週の相場展望

来週の相場展望「日米金融政策など重要イベント消化の来週は年度末相場入りで需給改善期待も高まる!」

今週の株式相場は、金融政策イベントを睨んで膠着感を強めたあと、イベント確認後は出尽くしをこなして底堅い展開となりました。日経平均株価は、先週末の19600円台から、19500円台を割り込む場面もあるなど、上値の重い流れとなっています。

先週では、イベント警戒のなか、上値切り下げが見られたあと、SQ算出日取引の金曜日には買い気を強めていました。

市場予想上回る米雇用統計で先週末の米国市場は上昇。それでも賃金上昇が限られたため、利上げペース加速観測は高まらず、ドル円はやや弱含む格好。週明け月曜日には前営業日上昇から利益確定売りが先行するも押し目買いで持ち直す動きに。

外部要因に変化なく、火曜日はイベント警戒の流れのなか売り買いが交錯。原油安による海外株安とともに軟調展開を余儀なくされた水曜日にはイベント警戒による手仕舞いも押し下げ要因となっていました。

注目されたFOMC政策声明は市場観測通りの利上げ実施が伝わるも年内利上げ観測は従来と変わらず、米国株高もドル円は出尽くし気味の円高推移で折り返し、木曜日は軟調な立ち上がり。ただ、日銀金融政策も現状維持。イベント通過につながり、日経平均株価は切り返すも上値の重い展開に。

金曜日には、為替相場に方向感なく、週末三連休を控えるなか手仕舞い売りが主導しました。

イベント警戒の流れが目立った今週の株式相場でしたが、先週から販売を行い、今週配信を行っている上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』では、水曜日に月曜日配信の上昇期待参考銘柄・アエリア<3758>が短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも実質2営業日、初配信の月曜日銘柄から返金条件クリアを果たしています。

さらに同社株は水曜日、木曜日と全市場の売買代金上位にも進出。短期売買対象の活躍が目立ちました。

また、金曜日の四季報発売に向けて、先々週3月1日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたニチレイ<2871>が水曜日に目標株価を達成。実態評価に加えて外部要因の影響を受けにくい内需関連の一角としても資金シフトを取り込んでいます。

発売日となった金曜日には、先週3月8日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたアルバック<6728>が目標株価を達成。先週3月7日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「20万円以下で買える株!」の注目銘柄・UTグループ<2146>も目標株価達成を果たすなど、実態面に定評のある銘柄が人気化しました。

さて、日米の金融政策イベントを消化。来週月曜日の「春分の日」の祝日休場を明ければ、年度末相場入り。配当権利取りの最終段階となるほか、お化粧買いなど需給面での追い風も期待されるところ。

短期売買対象の活躍が目立っており、直近IPOや材料株など、大化け期待のある需給妙味の強い銘柄が狙い目となるのではないでしょうか。

-来週の相場展望