注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、東芝<6502>、ファナック<6954>」

任天堂<7974> 25,580円 前日比+425円(+1.69%)

続伸。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の需要好調を受けて、来期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げるとの観測報道が買い材料視された。関連銘柄のACCESS<4813>、メガチップス<6875>も買われており、テーマ人気に発展している。

東芝<6502> 190.1円 前日比+6.5円(+3.54%)

反発。同社再建に向けて公的資金を使って支援する動きが出てきたとの観測報道が見直しにつながっている。技術流出が懸念されており、半導体事業の新会社「東芝メモリ」に日本政策投資銀行が一部出資を検討、経済産業省も官民ファンドの活用を模索する動きも伝わっているようだ。

ファナック<6954> 23,075円 前日比+605円(+2.69%)

上伸。一気に昨年来高値を更新している。UBS証券が投資判断「買い」を継続、目標株価を25,000円から26,000円に引き上げたことが買い材料視された。中国向けの好調ぶりや米大統領による要請でトヨタ<7203>の米国生産拡大観測なども手掛かりとなっているようだ。

-注目銘柄シューティング