注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、そーせいグループ<4565>、ジャパンエレベーターサービス<6544>」

任天堂<7974> 26,265円 前日比+685円(+2.68%)

続伸。祝日休場中の米国預託証券(ADR)での上昇を受けて買い優勢で推移している。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の需要好調、来期の生産計画引き上げが継続視されているほか、アンドロイド版の「スーパーマリオラン」配信日決定も支援材料となったようだ。

そーせいグループ<4565> 11,140円 前日比+390円(+3.63%)

急反発。先週末に東証1部市場への変更ならず、マザーズ上場維持を伝えたものの、アク抜けと受け止められたようだ。台湾中央気象局向けの気象レーダー受注を明らかにした東芝<6502>も買われており、難地合いのなかともに材料性が物色につながっている。

ジャパンエレベーターサービス<6544> 1,139円 前日比+99円(+9.52%)

続伸。全市場の売買代金上位に進出するなど、上場初日の前営業日のストップ高形成から、上場2日目となった本日も短期資金流入が継続している。同じく2日目のビーグリー<3981>も堅調。上場初日の力の源ホールディングス<3561>、インターネットインフィニティー<6545>はともに買い気配初値付かずとなっている。

-注目銘柄シューティング