注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、三菱UFJFG<8306>、ビーグリー<3981>」

任天堂<7974> 27,405円 前日比+1,140円(+4.34%)

活況高。難地合いのなか全市場の売買代金上位に進出しており、短期資金流入とともに全員参加型の人気銘柄となっている。みずほ証券が目標株価を34,000円から40,000円に引き上げたことが買い材料視されているようだ。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売好調とともに業績貢献期待も高まっている。

三菱UFJFG<8306> 713.7円 前日比-32.0円(-4.29%)

大幅続落。トランプ政権の成長重視政策が米国議会を通過しないとの懸念から、米国債利回り低下につながり、運用利回り低下懸念が高まったようだ。同業の三井住友FG<8316>、証券の野村ホールディングス<8604>、保険の第一生命保険<8750>も売られた。

ビーグリー<3981> 2,500円 前日比+400円(+19.05%)

続伸。直近IPOの一角として短期資金流入が確認されている。全市場の売買代金上位に進出するなど、中核銘柄からの資金シフトも働いているようだ。同じく直近IPOのファイズ<9325>、ほぼ日<3560>なども買われたほか、材料性で佐藤渡辺<1807>なども賑わっている。

-注目銘柄シューティング