日経平均ETFブル・ベア戦略

日経平均ETFブル・ベア戦略「ブル・大台19000円割れでの打診買い」

日経平均株価終値は、414.50円安の19,041.38円。

市況結果はこちら

外部要因悪化とともに大幅続落着地を余儀なくされた日経平均株価。下落幅は400円を超え、大台19000円に迫るとともに、昨年11月の米大統領選以来となる75日移動平均線(19208.07円)割れが確認されています。

前営業日下げ渋りも外部要因は振るわず。基本線では買い下がりスタンスとして「ボリンジャーバンド-1σでの下値拾い」のエントリーポイントを挙げていました。

エントリーポイントを大きく割り込み、75日移動平均線割れとチャート軟化も確認されるなか、ベア戦略への転換も模索される状況ですが、1月安値18650円割れまではレンジ内とも判断できるだけに、まだ下値拾いで向き合いたいところ。

エントリーポイントとしては「大台19000円割れでの打診買い」となるところ。先月前半の大台割れも結果的には拾い場となっていましたし、ひとまずは下値確認が待たれるところでしょう。

●戦略方針「ブル・大台19000円割れでの打診買い」
日経レバレッジETF<1570>

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-日経平均ETFブル・ベア戦略