来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価は大台攻防 新年度相場入りの需給改善で短期資金循環も早まる!」

今週の株式相場は、週明け月曜日は軟調展開となったものの、火曜日、水曜日と出直りを試す展開。木曜日には売り直されたものの、金曜日には再度見直しが先行するも買いは続かず、軟調展開が続いています。

日経平均株価は、先週末の19200円台から、月曜日には大台19000円割れ。火曜日には19200円台を回復、水曜日には19200円台を挟んだ値動きから、木曜日には大台19000円台まで水準を切り下げたあと、金曜日には大台19000円を割り込んできました。

先週では、FOMC利上げ実施後の円高推移が継続したものの、売り一巡した金曜日には見直し買いを集めていたと思います。

週明け月曜日には、米下院共和党でヘルスケア法案への支持がまとまらず、米国政策進展期待後退とともにリスク回避の流れが強まり、日経平均株価は前営業日上昇分を帳消し。大台19000円を割り込んで引けました。

ほぼ想定内の米国株安を確認、大きく売り込まれていた経緯から、火曜日には見直し買いが主導。3月期末の配当権利付き最終日の権利取得も下支え要因となり、日経平均株価も大台19000円を回復する動きに。

3月期末の配当権利落ちを迎えた水曜日には、配当権利修正の売り圧力が発生するも外部要因改善とともに見直し買いが下支え。株価指数面ではもみあいに終始しました。

木曜日には、場中の円買い圧力とともに売り直される展開。ただ、金曜日には米GDP上方修正を好感した外部要因改善とともに見直し買いを集めたものの、買い一巡後は売り直されています。

今週は外部要因の変化とともに一喜一憂する展開となったものの、売買代金上位では材料株や直近IPOなど外部要因に左右されにくく、需給妙味の強い銘柄が賑わいました。

月曜日には、3月21日配信の「大化け銘柄ウォッチリスト」のトップピック銘柄でもあるマルマエ<6264>、アルトナー<2163>、トランザクション<7818>、ペガサスミシン製造<6262>の配信翌営業日始値合計評価から終値で5.8%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか4営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件クリアを果たしています。

火曜日には、月曜日のインターネット会員B情報で買い推奨していたアルプス技研<4641>、月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたティーライフ<3172>がわずか1営業日で目標株価を達成。ともに新高値形成と相場調整に合わせた押し目買いが報われました。

さらに、先週から販売を行い、今週配信を行っている上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』では、月曜日配信の上昇期待参考銘柄・ケアサービス<2425>が短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも実質1営業日、初配信の月曜日銘柄から返金条件クリアを果たしています。

木曜日にも上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』火曜日配信の上昇期待参考銘柄・澤藤電機<6901>が短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも月曜日配信銘柄・ケアサービス<2425>に続いて、2銘柄目の目標株価達成となるなど、今週は外部要因に左右されにくく、需給妙味の強い銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、先週配信版では「権利落ちの売り圧力と日経平均株価の大台19000円との位置関係に注目 短期売買も狙い目!」とも題していました。

ほぼ想定通りに「日経平均株価の大台19000円攻防」を確認。権利落ちの売り圧力はこなしたものの、その後は外部要因軟化とともに売り圧力を強めてきています。

ただ、来週は名実とも実質新年度相場入り。需給改善も期待されるほか、引き続きIPOラッシュでは活躍銘柄も確認されていますし、短期売買に取り組む絶好の機会となるのではないでしょうか。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望