来週の相場展望

来週の相場展望「地政学リスクの高まりで日経平均株価は年初来安値更新 短期売買でリスク限定を!」

今週の株式相場は、先週の軟調展開を引き継ぎ、さらに売り圧力を強める展開となっています。

日経平均株価は、先週末の18600円台から、月曜日には見直し買いで18800円攻防が見られたものの、火曜日は18800円台割れ。水曜日も売り圧力を強めて18600円台割れ。木曜日には年初来安値更新の18500円割れ。金曜日には18500円台に戻す場面があったものの、18300円台まで売り直されました。

先週では、米国での政策進展期待後退、バランスシート縮小示唆のFOMC議事録が嫌気されたほか、北朝鮮情勢、米軍のシリア空爆など地政学リスクの高まりとともに円高推移が確認されており、売り優勢で推移していたと思います。

米雇用統計消化から見直された月曜日取引でしたが、株価指数は高寄りからもみあいの動き。米海軍空母の朝鮮半島配備に対して、北朝鮮側も「強硬に立ち向かう」と声明し、地政学リスクの高まりが重しとなった火曜日には再び売り直されてきました。

米国市場でもリスク回避姿勢が強まり、ドル円も大台110円割れ。水曜日も軟調展開となり、トランプ米大統領のドル高牽制発言で1ドル109円台割れの円高推移が確認された木曜日も売り圧力を強め、日経平均株価は年初来安値を更新してきています。

円買い圧力が一服した金曜日は見直し買いが先行したものの、米軍が強力爆弾をアフガニスタンで使用、地政学リスクの高まりとともにイースター前でリスク回避の動きが主導し、買い一巡後は売り直されてきました。

さて、先週配信版では「年初来安値を更新した日経平均株価の底打ち待ち 低売買単価銘柄の打診買いが有効!」と題していました。

さらに「難地合いが続けば、外部要因の影響を受けにくい短期売買対象の賑わいが続くでしょう」とも記していましたが、火曜日には先週金曜日配信の上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』上昇期待参考銘柄・メドレックス<4586>が目標株価を達成。実質2営業日で2銘柄目の目標株価達成となるなど、短期資金を取り込んで人気化しています。

同社株も100株単位株価3ケタと手掛けやすく、リスク限定の売買が可能。調整の目立った今週でも打診売買向きの低売買単価銘柄の短期売買を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、株価指数の年初来安値更新が続き、難地合いが続いていますが、決算評価の個別材料株や防衛関連、コンテンツ関連、IOT関連の一角が短期資金で賑わっています。

まだ先行き不透明感が強いなかでは、保守的なスタンスで臨むのが無難。保有期間を限定する短期売買など、引き続きリスク限定での投資方針で臨みましょう。

-来週の相場展望