来週の相場展望

来週の相場展望「相場に落ち着きも決算発表シーズン入り 発表日から逆算して好決算期待銘柄を狙え!」

今週の株式相場は、先週までの軟調展開から、ひとまずは売り圧力後退が確認されています。

日経平均株価は、先週末の18300円台から、月曜日には年初来安値を更新する場面があったものの、節目18300円を保つ動きに。火曜日から木曜日にかけて18400円台で推移し、金曜日には18600円台に乗せるなど、ひとまずは水準を切り上げてきました。

先週では、米軍が強力爆弾をアフガニスタンで使用、地政学リスクの高まりやトランプ米大統領のドル高牽制発言でリスク回避の円高推移が見られるなど、総じて軟調に推移していたと思います。

週末に注目された北朝鮮情勢では核実験は行われなかったものの、ミサイル発射を発表。打ち上げ失敗が伝わったものの、先行き不透明感が強まり、円高推移とともに売り優勢の立ち上がりとなった週明け月曜日でしたが、円買い一巡とともに見直し買いで持ち直す動き。日経平均株価は前場で年初来安値を更新したものの、切り返して5日ぶり反発着地となりました。

週末三連休明けの米国市場上昇、円安推移を手掛かりに火曜日は見直し買いが先行、買い一巡後は伸び悩んだものの、調整の目立っていたメガバンクを中心に幅広い銘柄が上昇する動きに。

欧米株安を受けて売りが先行したものの、下値を売り込む向きは限られており、水曜日は持ち直しの動き。ドル堅調展開を受けて買い優勢の流れが続いた木曜日も上値は重く、要人発言による米国減税期待の高まりで金曜日には買い優勢の展開となったものの、戻り売りが重しとなっています。

さて、先週配信版では「地政学リスクの高まりで日経平均株価は年初来安値更新 短期売買でリスク限定を!」と題していました。

さらに「先行き不透明感が強いなかでは、保守的なスタンスで臨むのが無難。保有期間を限定する短期売買など、引き続きリスク限定での投資方針で臨みましょう」とも記していたと思います。

火曜日には、先月7日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「20万円以下で買える株!」の注目銘柄・アドテックプラズマテクノロジー<6668>が目標株価を達成。決算評価とともに前営業日にはストップ高まで買い進まれるなど、材料人気が確認されました。

また、先週金曜日のインターネット会員A情報で買い推奨、ロコンド<3558>が目標株価を達成。月曜日のエントリーからリバウンドを捕捉したほか、月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたNo.1<3562>、月曜日のインターネット会員B情報で買い推奨していたビーグリー<3981>がともにわずか1営業日で目標株価を達成するなど、直近IPOの反転も利益機会となっています。

木曜日も先週木曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたズーム<6694>が目標株価を達成。相場調整とともに売り込まれていた直近IPOの出直りを捉えました。

さらに、先週から販売を行い、今週配信を行っている上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』火曜日配信の上昇期待参考銘柄・カーディナル<7855>が木曜日に短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも実質2営業日で返金条件クリアを果たし、連日のストップ高で20%超の上昇率を記録しています。

4月11日配信の「大化け銘柄ウォッチリスト」もトップピック銘柄・レーサム<8890>、カネミツ<7208>、エイジア<2352>、タカノ<7885>の配信翌営業日始値合計評価から終値で4.01%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか7営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件をクリア。上方修正のカネミツ<7208>、増配のタカノ<7885>が賑わうなど、決算絡みの材料性も手掛かりとなりました。

また、水曜日後場寄り配信のスポット銘柄は木曜日まで連日でストップ高まで上昇。水曜日後場始値から金曜日高値まで35%超の上昇率を記録、さらに全市場の売買代金上位に進出し連日で上場来高値を更新するなど、全員参加型の人気銘柄に。今週は積極的な短期売買を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、来週からは、いよいよ3月期決算企業の本決算シーズンが到来。市場参加者の関心も企業決算に移ってくることから、来週は「決算期待銘柄」に注目してください。

決算銘柄の狙い方としては、好業績が期待される銘柄の決算発表日を予め調べておき、先回りして仕込んでおくのが基本方針となります。決算開示前には増額修正や調査機関の投資判断、好業績観測報道などの材料性が表面化しやすく、発表日から逆算して仕込んでおきたいところ。

金曜日には、火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨をしていたモバイルファクトリー<3912>が目標株価を達成。決算先回り買いが押し上げ要因となっていますが、決算シーズン入りとともに決算期待銘柄が動意付いてきています。

やはり今は決算相場に沿った市況分析、銘柄アプローチが求められるところでしょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望