注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「コマツ<6301>、NTTドコモ<9437>、アエリア<3758>」

コマツ<6301> 2,849.0円 前日比+120.5円(+4.42%)

反発。米キャタピラーの好決算を受けて同社業績も拡大期待が高まったようだ。上方修正のNEC<6701>、場中に大幅増益の好決算を明らかにした昭和電工<4004>が買われるなど、決算シーズン入りで決算絡みの材料株や決算銘柄の反応が目立っている。

NTTドコモ<9437> 2,580.0円 前日比-56.5円(-2.14%)

急反落。来期業績の営業利益が微増にとどまるとの業績観測報道が売り材料視されているようだ。集計業績の上ブレを伝えたLIXILグループ<5938>も市場予想に届かず、出尽くし売りに押されている。一方、運賃値上げ報道の伝わったヤマトホールディングス<9064>が買われた。

アエリア<3758> 6,100円 前日比+800円(+15.09%)

活況高。子会社運営アプリの好調ぶりが買い材料視されており、全市場の売買代金上位に進出するなど、短期資金流入が確認されている。低価格ブランド展開への期待感で人気化していたレナウン<3606>が売られており、資金シフトも働いたようだ。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング