注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、野村ホールディングス<8604>、アルプス電気<6770>」

任天堂<7974> 28,045円 前日比+580円(+2.11%)

反発。前営業日引け後発表の本決算が減益着地となり、決算売りが先行したものの、今期増益見通しの再評価とともに切り返してきた。NEWニンテンドー2DSLLの発売も明らかにしており、材料人気も下支えしたようだ。全市場の売買代金最上位となるなど、商いが膨らんでいる。

野村ホールディングス<8604> 669.0円 前日比-21.3円(-3.09%)

続落。前営業日引け後発表の決算評価、自社株買い実施で買いが先行したものの、買い一巡後は決算売りに押されたようだ。決算銘柄ではアドバンテスト<6857>、オムロン<6645>、アステラス製薬<4503>、パイオニア<6773>なども決算売りに押されている。

アルプス電気<6770> 3,275円 前日比+145円(+4.63%)

上申。前営業日引け後発表の本決算で大幅増益見通しを示したことが買い材料視されたようだ。決算銘柄ではNTTドコモ<9437>、アンリツ<6754>、きんでん<1944>、ファンケル<4921>、日立マクセル<6810>、本多通信工業<6826>、マックス<6454>なども買われた。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング