明日の株新聞

明日の株新聞「海外イベントに波乱なくリスク選好ムード強める 決算発表ピーク週で銘柄選別に注意を」

東京市場休場期間中の重要イベント、FOMC、米雇用統計に週末実施のフランス大統領選挙を順調に消化。外部要因進展とともに大きく買い進まれた大型連休明けの株式相場ですが、株価指数も高寄りから上値を伸ばすなど、先高感が強まる展開となっています。

日経平均株価は3日続伸。一気に年初来高値を更新してきました。節目19900円台に乗せる場面もあるなど、2015年12月以来の高値水準となっています。

さて、前営業日配信版では「『持たざるリスク』に着目した買いが相場押し上げ 海外イベント反応と決算銘柄の見極めを」と題していました。

2営業日立ち会いの先週は投資格言「連休の谷間は高い」の需給要因が押し上げ要因となり、前営業日には休場中の外部要因進展を見越した「持たざるリスク」に着目した買いも追い風となっていたと思います。

休場期間中に確認された海外イベントでは、FOMC、米雇用統計は6月利上げ観測を高める内容となり、ドルの支援要因に。さらにフランス大統領選挙では市場観測通りにマクロン氏が勝利し、ユーロ上昇につながるなど、イベント結果に波乱なく、休場明けからリスク選好の流れと強めてきました。

当欄では「大型連休中は前述したように海外イベント確認後の市場反応を確認しながら、決算シーズン後半開示銘柄の値動きも見極めたいところ」と指摘。決算期待で発表まで株価上昇が予想される銘柄や発表後の反応が期待される銘柄を手掛けるスタンスを紹介していたと思います。

本日では、先々週4月26日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたアズビル<6845>が目標株価を達成。12日発表予定の決算期待も押し上げ要因となり、電話会員情報はタイムカットを挟んで6銘柄連続の目標株価達成となりました。

全体観では外部要因進展とともに強気心理が広がっていますが、個別視点では今週が決算発表のピーク週となるため、銘柄選別に注意を払いたいところです。

-明日の株新聞