注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東芝<6502>、SUBARU<7270>、マネーパートナーズグループ<8732>」

東芝<6502> 251.7円 前日比+10.9円(+4.53%)

急反発。東証が求める今月15日までの期限内に決算を発表する方向で調整しているとの観測報道が伝わっているほか、技術流出懸念で外為法発動の可能性、半導体売却問題でウエスタンデジタルの主張に反論の書簡を送ったとの材料が伝わっており、物色を集めたようだ。

SUBARU<7270> 4,099円 前日比-157円(-3.69%)

後場一段安。決算警戒売りが先行したほか、後場取引時間中に開示した本決算、今期予想を嫌気した売りで下げ幅を広げている。決算銘柄ではドンキホーテ<7532>、ゼンリン<9474>、アウトソーシング<2427>が買われた半面、ユナイテッドアローズ<7606>、アース製薬<4985>などが売られた。

マネーパートナーズグループ<8732> 580円 前日比+78円(+15.54%)

急騰。仮想通貨関連の一角としてテーマ資金流入が確認されている。ビットコインほか仮想通貨の上昇が確認されており、商機拡大が意識されたようだ。新興軽量級のソレイジア・ファーマ<4597>、物流関連のファイズ<9325>なども短期資金流入が確認された。

-注目銘柄シューティング