明日の株新聞

明日の株新聞「決算先回り買い戦略が功を奏す 今後は決算一巡後の選別物色を見据えて好決算銘柄をマーク」

ドルの堅調展開とともに前営業日の押し目形成から買い優勢の展開となった本日の株式相場ですが、株価指数は反発もメガバンクらは鈍い反応。物色傾向でも決算銘柄を中心とした反応が確認されています。

日経平均株価は反発。節目19900円に乗せて引けました。終値ベースで年初来高値を更新、下値切り上げも続いています。

さて、前営業日配信版では「株価指数の下げ幅は限定的 好決算銘柄を中心に上値余地のある銘柄を狙えば報われる」と題していました。

押し目買いで株価指数は水準を切り上げたものの、上値追いには慎重ムードに。やはり今週は決算発表のピーク週ということもあり、金曜日のSQ算出を睨んで水準探りの動きとなっているのではないでしょうか。

そこで当欄でも決算期待で発表まで株価上昇が予想される銘柄や発表後の反応が期待される銘柄を手掛けるスタンスを紹介していました。

本日では、4月25日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「決算相場の急騰株を探せ!」提供銘柄・ビジョン<9416>、市光工業<7244>が目標株価を達成。同レポートではダイトーケミックス<4366>、ASTI<6899>、前営業日に目標株価達成を紹介していたイー・ガーディアン<6050>に続いて、提供全銘柄が目標株価を達成しており、パーフェクトを記録しています。

両銘柄とも決算開示前に株価水準を切り上げており、開示前の決算期待による上昇が効いた形に。相場浮上も追い風となりましたが、決算先回り買いが功を奏した格好でしょう。

来週も決算開示が続くため、開示直後の銘柄を物色していく状況が続きますが、決算発表が出揃ったあとは、業績の悪いものを売って、業績の良いものに乗り換える「選別物色」の局面に移行。先月開示分を含め、好業績銘柄をマークしていきましょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞