来週の相場展望

来週の相場展望「大台奪回失敗の日経平均株価は下値探りの動き 低売買単価銘柄での打診買いが最適!」

今週の株式相場は、前半に買い気を強めた先週の流れを引き継いだものの、後半から調整色を強めてきています。

日経平均株価は、先週末の19800円台から、火曜日に年初来高値を更新する場面もあるなど、大台20,000円攻防が見られたものの、木曜日には下押し、金曜日には19500円台での推移となるなど、水準を切り下げてきました。

先週には、海外イベントを消化した大型連休明けの浮上からドルの堅調展開とともに買い優勢の流れが続いていたと思います。

週末には北朝鮮のミサイル実験を受けて地政学的リスクも高まるなど、調整懸念が先行した月曜日でしたが、株価指数は下げ渋りの動き。押し目買いが下値支持要因となりました。

海外市場では北朝鮮問題は材料視されず、外部要因に落ち着きが見られたことで火曜日は買い優勢。日経平均株価は年初来高値を更新したものの、大台20,000円目前で失速する展開に。

トランプ大統領のロシアに対する情報漏洩問題が表面化した水曜日には、円高圧力とともに調整主導の展開。政策進展期待が後退、米国株大幅安、円高推移とともに木曜日は大幅調整となり、日経平均株価は上放れた大型連休明けの8日以来の安値を割り込み、水準を切り下げてきました。

金曜日には、米国政策進展期待の後退が意識されたものの、前営業日に売り込まれた経緯から、戻り売りと見直し買いが交錯しています。

さて、前回配信版では「日経平均株価は20,000円大台奪回ならず 期待以上の今期予想を示した決算評価銘柄を狙え」と題していました。

そこで「発表後もしばらく決算評価が持続しそうな今期見通しを示した企業や上値余地のある割安株などが狙い目となりそう」とも記していたと思います。

木曜日には、月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたファンケル<4921>が目標株価を達成。相場調整とともに内需関連で外需関連からの資金シフトも押し上げ要因となった格好ですが、先月末の本決算から資金流入が継続しました。

さらに、今週火曜日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「期待以上の今期予想で買える株!」の提供銘柄・フジマック<5965>が木曜日に目標株価を達成。配信から実質2営業日での返金条件クリアとなりましたが、同社株も11日の本決算開示以降、上値追いを強めており、今期見通しの良好な決算評価銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、来週も外部要因の変化に沿って株価指数の下値を探っていく局面となりますが、日々の変動に一喜一憂せず、落ち着いて下値水準を拾っていきたいところ。

そこで来週は「手掛けやすい低売買単価銘柄」に注目してみてください。指数調整が続けば、小型の材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう。ただ、資金循環は早く、リスクを限定して取り組みたいところで、大化け期待が高く、打診売買向きの低売買単価銘柄の取引メリットを意識してみてください。

記事下広告(レポート)

20万円以下で買える優良小型株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望